社保協ニュース : No.120 – 2012.3.6

第13回あいち社保学校
「社会保障と税の一体改革」の講演と分散討論に93人参加

 午前の部で講演した芝田教授は、政府の「肩車」論に対し「国家財政上誤り。生産年齢人口でなく労働力人口で見ることが必要。危機感をあおり、消費税引き上げ対策である」「財源は、直接税の拡大が必要」など政府が進める「一体改革」のごまかしを明らかにすると共に財界の思惑、アメリカの圧力などばらばらに見えるが相互に連携し、社会保障分野を市場化し、儲けの対象に改変させようとしている」と指摘しました。午後からは、医療、国保、年金、保育、障害の各分野の報告のあと3つに分かれ討論しました。

社会保障の大改悪・消費税の大増税ゆるさない3・11共同行動に参加しよう!

と き:3月11日(日)
ところ:エンゼル広場に集合(久屋市民広場北側)
10時30分~集会→パレード
11時25分~12時 宣伝・署名行動
(栄周辺 メルサ前・三越前・ラシック前など)

愛知後期高齢者広域連合議会
4月から1人平均4,439円引き上げ

2月9日開催された愛知県後期高齢者医療広域連合議会は、来年度の保険料について1人4,439円を引き上げ75,775円から80,214円になる保険料を共産党議員など3人の反対で決めました。
また、社保協提出の保険料引き下げや懇談会へ公開などの請願書も反対多数で否決しました。
その後の報道で、保険料が保険料が払えず全国で1792人、愛知で17人いることが明らかになりました。差し押さえは年金額が年18万円以下の高齢者です。安心して医療が受けられるよう低所得者への軽減制度が必要です。
増税・社会保障の改悪反対の署名・宣伝行動を各地域や職場で展開しよう

愛知県福祉医療制度の学習と
2011年キャラバンまとめ報告会開く

2011年のキャラバン報告会は、14年度からの実施を予定している愛知の福祉医療制度の学習会とキャラバン結果の報告をした。
運動で獲得した福祉医療制度の歴史を学び改悪を許さない闘いとあわせてキャラバン結果を交互の運動に活かしていこうと確認。

カテゴリー: 社保協ニュース パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください