後期高齢者への「短期保険証」や「資格証明書」の発行についての申し入れ(2009年2月5日)

2009年2月5日

愛知県後期高齢者医療広域連合
連合長  松原 武久 様

愛知県社会保障推進協議会
議 長  徳田  秋
名古屋市熱田区沢下町9-7
労働会館東館3階301号

後期高齢者への「短期保険証」や「資格証明書」の発行についての申し入れ

 日頃のご尽力に敬意を表します。

 後期高齢者医療制度が実施され11カ月が過ぎようとしています。この制度の不合理な点や矛盾はますます明らかになり、三度にわたる見直しをしても、なお怒りが広がっています。

 私どもはこの間、生活困難から保険料が払うことができない高齢者に資格証明書や短期保険証の発行で、必要な医療を受けられなくなることを危惧し、改善を要請してきました。

 この心配が今、名古屋市でも2,000人近くが未納、マスコミ報道でも、10月末調査で「滞納20万人が無保険になるおそれ」と伝えています。

 つきましては、このような事態のなか、次の事項について緊急に申し入れます。

1.後期高齢者への「短期保険証」や「資格証明書」の発行は行わないでください。

以上

カテゴリー: 国・自治体への要請書, 愛知県後期高齢者広域連合への陳情書・要請書等 パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください