国民健康保険の資格証明書等についての要請書(2006年12月25日)

2006年12月25日

名古屋市各区長様

愛知県社会保障推進協議会
議 長   徳田 秋
名古屋市熱田区沢下町9-7
労働会館東館3階301号

国民健康保険の資格証明書等についての要請書

拝啓、時下、貴職におかれましては、住民の生命と健康、暮らしを守るために日夜、ご努力されていることに敬意を表します。
ご承知のように国の税制の改悪で収入が増えなくても税負担が増えただけでなく国民健康保険料や介護保険料などの引き上げなど雪だるま式の負担増と社会保障の連続改悪で市民の悲痛なこえが出されています。このような状況のなかで名古屋市は、国民健康保険の徴収対策を強化し、従来にない規模で長期滞納者に対し、資格証明書発行の準備が進められています。
資格証明書の発行について、この間、徴収率向上につながらないという立場で国保行政をすすめてきた経緯があります。私たちは、ひきつづきこの立場を堅持し、市民のいのちと健康を守る立場から資格証明書の発行を行わず、国民健康保険の改善をしていただくように下記の事項について要請します。

敬具

  1. 国保の資格証明書の発行はおこなわず、加入者すべてに正規の保険証を発行してください。また、むやみに短期保険証を発行しないでください。
  2. 保険料の引き上げをおこなわず、減免制度を拡充し、払える保険料にするよう市長に上申してください。
  3. 保険料の払いきれない加入者の生活実態の把握に努め、加入者の生活実態を無視した保険料の徴収や差し押さえなどをしないでください。
  4. 国保の一部負担金の減免制度のお知らせを区役所や区内の医療機関の窓口におき、制度の周知徹底をしてください。

以上

カテゴリー: 国・自治体への要請書, 名古屋市への陳情書・要請書等 パーマリンク

コメントを残す