国民健康保険の資格証明書発行等に関する改善の要請書(2009年12月1日)

2009年12月1日

名古屋市長  河村たかし 様

名古屋の国保と高齢者医療をよくする市民の会
愛知県社会保障推進協議会
議 長   徳 田  秋
名古屋市熱田区沢下9-7
労働会館東館3階301号

国民健康保険の資格証明書発行等に関する改善の要請書

拝啓 貴職におかれましては、住民の生命と健康、暮らしを守るために日夜ご努力されていることに敬意を表します。
ご承知のように、深刻な経済危機が市民の雇用と暮らしを直撃する中で、国民健康保険料や介護保険料などの雪だるま式の負担増をはじめとした社会保障の連続改悪で、市民から悲痛な声が上がっています。
このような状況のなかで名古屋市は、2008年度に国民健康保険料の未納分の3%を上乗せするなど保険料を大幅に引き上げました。今年も引き上げられ、2年連続の引き上げとなりました。あわせて、従来にない規模で長期滞納者に対し資格証明書を発行し、2005年度には18世帯だった資格証明書が、2006年には672世帯に、2007年には1084世帯になり、今年は、2093世帯にもなっています。また、子どもに対しは「短期・6カ月」の発行となりましたが18世帯31人は未発行状態になっています。
ご存知のように、国民健康保険は、憲法25条に基づき国民健康保険法で国民皆保険の土台としてつくられ、市民誰1人漏れることなく医療を受けられるようにとつくられた制度です。また国保法では、「特別な事情」により資格証明書の発行をしない規定として、病気等が定められています。
保険証がないために受診を控え、市民が医療を受けられない事態があってはなりません。私どもは、今回の資格証明書の大量発行にともない子どもなどが無保険状態にならないよう以下の事項について要請します。

敬具

  1. 国保の資格証明書の発行はおこなわず、加入者すべてに正規の保険証を発行してください。また、むやみに短期保険証を発行しないでください。
  2. 新型インフルエンザ対策として資格証明書発行世帯に、直ちに正規の保険証を発行してください。
  3. 分納している世帯には正規の保険証を発行してください。やむを得ず短期保険証を発行する場合は、有効期限を最低でも「6カ月」以上としてください。特に中学生以下の子どものいる世帯は、有効期限を無条件に「6カ月」以上としてください。
  4. 短期保険証の有効期限別の発行数を調査してください。

以上

カテゴリー: 国・自治体への要請書, 名古屋市への陳情書・要請書等 パーマリンク

コメントを残す